• 建築資材販売
  • 安全資材販売
  • エクステリア工事
  • フェンス工事・防護柵施工
  • 太陽光発電

太陽光発電



各種太陽光発電システムを取り扱っております。
お気軽にお問い合わせください。

産業用太陽光発電導入のメリット

なぜ今、産業用太陽光発電がこんなに話題になっているのか!?
あまっている土地はありませんか?【 土地、屋根の有効活用】
遊ばせている土地や会社の屋上などをお持ちではありませんか?
産業用太陽光発電をはじめるには設置場所が必要です。
活用されずに放置されている場所を利用して産業用太陽光発電システムを設置しましょう。
土地が収益を生んでくれます。
安定した売電収入【 全量買取制度】
産業用太陽光発電システムからつくりだされる電力は全量買取制度により買い取ってもらうこと ができます。契約時から20年間の買い取りが約束され、うち10年間は売電単価37.8円が保証 されます。安定した収益の確保が期待できます。

【全量買取制度について】
全量買い取り制度とは、再生可能エネルギーで発電した電力を、電力会社が所定の優遇された 金額で買い取る制度です。2013年売電価格は37.8円と設定されています。
一方で、電力会社などから電力を購入する場合の単価は24.15円です。
全量買取制度では売電価格と買電価格の差が大きいほど差引利益も膨らみます。
この制度下での買取約束期間はなんと20年間!

固定価格買取制度の概要
システム容量 方式 買取価格 期間
10kw未満 余剰買取 38円(税込) 10年
10kw以上 余剰買取もしくは全量買取 37.8円(36円+税) 20年

「10kw以上」では買取価格が若干下がるものの、売電できる期間は2倍の20年になります。
即時償却で節税が可能【 グリーン投資減税】
環境関連投資促進税制(グリーン投資減税)の創設により、期間内に太陽光発電設備を取得した企業は減税対象となります。

その中に、即時100%償却という項目があります。
即時100%償却とは、太陽光発電導入にかかった費用をその年に全額経費にできるということ。
その年に全額経費にできるということは、当期の節税対策につながります。
グリーン投資減税を利用して100%即時償却が適用されるには一定の条件があります。

○ 太陽光発電システムの出力が10kw以上
○ 青色申告をしている法人または個人
○ 買取制度の認定を受けていること
○ 平成25年4月1日から平成27年3月31日までの期間内に太陽光発電を設置し、その日から1年以内に発電を始めること


例)グリーン投資減税、即時償却100%を利用した場合に減税される金額



例)買取満了までの売電金額

紹介の計算例はわかりやすくするため、固定資産税やメンテナンス費用、管理費用等を含んでいません。
設置検討に際しては税理士様と相談いただくことをお勧めします。

空調費の節電効果【遮断効果による光熱費削減】
建物の屋上に太陽光発電システムを設置した場合、発電用パネルが2つめの屋根の役割を果たし、熱を遮断してくれます。
夏場は室温の上昇を抑えられるとともに室内の冷房効果があがり、空調費の節約にも役立ちます。
CO2削減 PR効果【環境貢献・地域貢献】
産業用太陽光発電システムが生み出すのは、二酸化炭素を排出しないクリーンエネルギー。
CO2削減などに貢献できるとともに、顧客や地域への高いPR効果も期待できます。


太陽光発電システムを設置することで、地球環境に貢献するのは大いにあると言っていい でしょう。それは二酸化炭素を排出しないというのが大きな点です。

もともと電力発電に使用されていたのが火力発電でした。火力発電は文字通り、火の力を 使って電力を起こすものですが、この火の燃料になるのが、石油や石炭です。これらが燃える ときには二酸化炭素を排出します。これによって、オゾンホールが破壊されて地球の温暖化が 進んでいると危惧されています。

そこで次世代エネルギーとして、ソーラーパネルが注目をあびているわけです。ソーラーパネル の燃料は太陽の光です。それ以外の何物でもありません。そのため、太陽の光をそのまま使用し、 二酸化炭素を排出するわけでもないので、温暖化防止に役立っています。

また、ソーラーパネルを処分するとき、リサイクルができる部分が多いというのも魅力的です。 ソーラーパネルのリサイクル率は上がってきており、80%前後にまで高まっています。そのため、 限りある資源を生かすという意味でも、未来に向けて安心して使用することができます。

ソーラーラックの施工について


ソーラーモジュールについて
安心のLIXIL保証について
太陽光製品の保証については①『太陽光システム保証』と②『太陽光製品個別保証』の2種がございます。
各保証の保証期間と内容については別途ご相談ください。